タラバガニのおいしい食べ方をいろいろ書いてみたよ。

タラバガニのおいしい食べ方をいろいろ書いてみたよ。

蟹の季節が到来、蟹といえばなんといってもタラバ蟹ですよね。だいたいがボイルされて販売されています。そういったボイルのタラバ蟹の美味しいと思う食べ方は、焼いて食べる事です。

 

やはりそのまま焼いて食べるのが王道です。

 

網の上で焼いて食べる、初めはそのまま食べて、その後はレモンやライムをしぼって食べると、また違う味わいでとても美味しいです。鍋に入れるのも良いですが、鍋の汁に美味しさが全て逃げてしまいます。焼きであれば、それもなく充分風味を味わえます。また、生のタラバ蟹の場合は、お刺身が1番甘味などを感じれると思います。しゃぶしゃぶができるのも生の特権でもあります。しかし、生だとしても焼くと味が濃厚に感じられます。

 

ボイルされたものより生から焼く方が断然濃縮されます。

 

同じ味で飽きた時はアレンジしよう!
蟹はずっと同じ味で食べ続けると飽きてきてしまうので、例えばチーズやホワイトソースを乗せてオーブンで焼いたりするとグラタンのような味も楽しめますし、身が他の部位より詰まっていない部分は豪快に味噌汁にしたり、余ったものはあんかけ炒飯や雑炊などにしたりすると、飽きることなく美味しく楽しむ事が出来ます。

 

定番の食べ方も良いですがタラバ蟹は大きくて量もあるので、こうして色々なひと手間を加えてあげるのも良いかと思います。